Moora Beat の由来

 Moora(ムーラ)はマダガスカル人の口癖「Moora Moora」というのがありまして意味は、「ゆっくり生きましょう」。

Beatは英語で「鼓動」です。

栃木県の自然の中でゆっくりと生きている人や野生動植物の鼓動にふれ、その息吹から何かを感じ取れる体験を皆様にご提供できたらいいなぁという思いから名付けました。

あと、湯津上村(現大田原市)出身の自分は「村人(ムラビト)」としての誇りをもってこれからも生きていきたいんだというダジャレも込めてます。

仕事は主に「自然ガイド」、「環境教育等のインストラクター」、「野生フクロウの保護」、「里山整備」、「まちおこし事業」などをやっていこうと思いますが、どんなことでもやれるチャンスがあればやりたいと考えておりますのでお気軽にお声掛けくださいますようよろしくお願いいたします。


経歴と取得資格

<主な経歴>

有限会社 宇都宮動物園 飼育主任

環境省  関東地方環境事務所  日光自然環境事務所  那須自然保護官事務所 アクティブレンジャー

NPO法人グラウンドワーク西鬼怒 理事

フクロウ営巣ネットワークプロジェクト 栃木県北支部長

ARLとちほく(アール トチホク) 代表

ことの森里山再生協議会 事務局

Moora Beat(ムーラ ビート) 代表

 

<主な取得資格>

飼育技師

専門士(農業課程)

狩猟免許(わな猟)

自然体験活動指導者(NEALリーダー)

ビオトープアドバイザー

こども環境管理士2級

プロジェクトワイルド エデュケーター

塩原温泉観光マイスター

栃木県生物多様性アドバイザー(取得予定)

大型特殊免許

高所作業車(無制限)

小型移動式クレーン

車両系建設機械